今月は 4月、陽春の候【366日カレンダー】

旧暦

卯月 うづき

卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」に由来するなど諸説ある。

 

異名

陰月(いんげつ)
植月(うえつき)
卯花月(うのはなづき)
乾月(けんげつ)
建巳月(けんしげつ)
木葉採月(このはとりづき)
鎮月(ちんげつ)
夏初月(なつはづき)
麦秋(ばくしゅう)
花残月(はなのこりづき)
孟夏(もうか)
初夏 (しょか)
送春 (そうしゅん)

 

英名

April エイプリル

ギリシア神話の女神アフロディテ(Aphrodite)に由来するとされる。また、「Aprilis(アプリリス)」は「開く」を意味し、花のつぼみが開き始めることに由来するともされる。

 

今日は何の日?

「4月」という日は、どんな記念日や過去にあった出来事を、独断と偏見でピックアップしてまとめてみました。

 

グリゴリオ歴

第4の月・30日間

グリゴリオ歴とは、1582年にローマ教皇グレゴリウス13世が「ユリウス暦」を修正して制定された、現在、世界の多くの国で採用されている太陽暦。

通常は1年を365日とし、400年間に97回の閏年(4年に1回)を置いて、その年を366日とすることで、400年間における1年の平均日数を、「365日 + 97/400 = 365.2425日」としたものである。

日本では1972年(明治5年)に採用され、明治5年12月2日(旧暦)の翌日を、明治6年1月1日(新暦・グレゴリオ暦の1873年1月1日)とした。

 

年によって日付が変わる祝祭日・行事・記念日

清明

二十四節気のひとつ。「草木清明にして東南風の心地よい季節」という意味があり、中国ではこの日を「清明節(せいめいせつ)」と呼び、日本のお彼岸のように先祖の墓参りをする風習がある。

 

穀雨

穀雨(こくう)とは、二十四節気(1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分された季節を表す名称)のひとつ。この時期(4月20日ごろ)の春雨は田畑を潤し、穀物の生長を助ける意味がある。

 

国際盲導犬の日

1989(平成元)年4月26日に、国際盲導犬学校連盟(こくさいもうどうけんがっこうれんめい)が発足したことにちなんで、国際盲導犬学校連盟が4月最終水曜日を「国際盲導犬の日」と1992(平成4)年に制定した記念日。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.