今日はる 4月19日、地図の日【366日カレンダー】

今日は何の日?

地図の日

1800(寛政12年閏4月19日 / 新暦6月11日)年に、55歳の伊能忠敬(いのうただたか)氏が測量のため、蝦夷地(えぞち / 北海道)に向けて江戸を出発したことにちなんだ記念日。「最初の一歩の日」とも呼ばれる。

その後、16年にわたって日本全土を測量をして歩き、本格的な日本全土の実測地図である「大日本沿海輿地全図(だいにほんえんかいよちぜんず)」を完成させている。

 

乗馬許可記念日

1871(昭和34)年に、それまで武士にのみ認められていた乗馬が、庶民にも許可されたことにちなんだ記念日。

日本の馬術は武芸のひとつとされ、刀剣や鉄砲と同じように兵器として扱われていたため、江戸時代では武士以外の者の乗馬は禁じられていた。

 

ボストンマラソン

1951(昭和63)年に開催された「第55回ボストンマラソン」に、日本人として初参加した19歳の田中茂樹(たなかしげけ)選手が、2時間27分45秒で優勝を果たした。

 

ローマの休日

1954年に、オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)とエルドレッド・グレゴリー・ペック(Eldred Gregory Peck)共演による恋愛映画「ローマの休日」が、日本で封切られた。

日比谷劇場で38日間のロングランを記録し、オードリーが劇中でみせた、長い髪を バッサリと切り前髪を垂らしたショートカットを真似たスタイルが、「ヘップバーン・カット」として日本中で大流行した。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.